So-net無料ブログ作成

6月1日から!おさらいしたい自転車のルールと違反行為 【厳罰化!!】

スポンサーリンク
広告コード



こんばんは 半人前のまっさんです

今回は 6月1日から!おさらいしたい自転車のルールと違反行為 【厳罰化!!】について少し語らさしてもらいたいと思います

さて、「ちょっと コンビニまで自転車で…」「ヘッドフォンをしたまま乗ったり」「夜間はライトを点けずに乗ったり」今まで、結構 気軽に乗りこなせた 自転車ですが

方言では…中部地方が「ケッタ」関西が「チャリ」など、で非常に身近に乗り物です…が、っと脱線はこれぐらいにして…何が?厳罰に当たるかっと書かせてもらいますと

1:自転車は、車道が原則、歩道は例外

2:車道は左側を走行

3:歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行

4:安全ルールを守る

・飲酒運転・二人乗り・並進の禁止

・夜間はライトを点灯

・交差点での信号遵守と一時停止・安全確認

5:子どもはヘルメットを着用

この5つは自転車に乗る際に守るべきルールのうち、特に重要とされるものです。


■3時間みっちり講習&5万円以下の罰金!その違反対象行為は?

また、危険行為を3年以内に2回以上繰り返すと、講習の義務と罰金が発生することになりました。では、どの程度のものから危険行為とみなされるのでしょうか。

1:信号無視

2:遮断踏切立ち入り

3:指定場所一時不停止等

4:歩道通行時の通行方法違反

5:制御装置(ブレーキ)不良自転車運転

6:酒酔い運転

7:通行禁止違反

8:歩行者用通路における車両の義務違反(徐行違反)

9:通行区分違反

10:路側帯通行時の歩行者の通行妨害

11:交差点安全進行義務違反等

12:交差点優先車妨害等

13:環状交差点安全進行義務違反等

14:安全運転義務違反

警察庁 自転車運転者講習制度より転載




っとなってますね。では?何故このような法案ができたか…私なりに考えてみたところ…バイク(原付)はノーヘルでも良かった時代は確かにありました。皆さん ご存知だったでしょうか?それらも含めて


1:高齢化社会日本国 インターネットなどで調べて貰ったら分かりと思いますが…参考程度に世界のトップ3は、日本(23%)、ドイツ(20.8%)、イタリア(20.3%)です。いずれの国もいわゆる先進諸国だそうです

2:自転車は加害者になる時も、たまにある。ニュースとかで自転車でひき逃げとかも、たまにやってますよね?後…電柱に、警察から「いついつ何時何分」の目撃者とかにも書いてあるのを目にしたことがあります

以上2点ですが、そうそう…この法令と共に自転車の買い直しを考えてる人も多いのではないでしょうか?くれぐれも…違反行為がないように…【私は罰金は嫌です(笑)】


では、今回はかなり 真面目のことを語らしてもらいましたが…このあたりで失礼しますね
タグ:罰金 違反 法令
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。